スポンサードリンク

2009年05月05日

メタボリック症候群と高血圧

メタボリック症候群の危険因子のうち、現在日本で最も該当者が多いのは高血圧です。

血圧とは血管の中を血液が通る圧力のことですが、心臓が収縮して血液を押し出す時の最高血圧、収縮後に心臓が広がる時の最低血圧、このどちらが高くても高血圧となります。

正常な血圧とされているのは最高血圧が130mmHg、最低血圧は85mmHgの範囲内です。腹囲基準に加えて、血圧がこれより高い場合にはメタボリック症候群と診断されます。

高血圧は自覚症状があまりなく自分で気付きにくい病気ですが、そのまま放置しておくと血管に負担がかかって動脈を傷め、心臓に負担をかけることになります。

そして動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中など命にかかわる病気につながる可能性があります。

近年導入された特定健康診査では高血圧に関する検査が行われるようになり、高血圧を早期にみつけられるようになりました。

高血圧は生活習慣によってある程度改善ができるため、日頃から気を付けておくことが望まれます。

食事で濃い味付けを好む人や揚げ物などの脂っこいものを好む人、野菜や果物を食べない人などは高血圧になりやすいため注意が必要です。

さらに運動不足の人や飲酒、喫煙をしている人、家族に高血圧の人がいる場合も高血圧になる可能性が高いと言えます。

高血圧と診断された場合、血圧を正常に近づけるために食事では減塩に心掛けることが重要です。

減塩は臓器を保護し、クスリの効き目を上げる効果もあります。

魚は干物より生の魚を使い、漬物、梅干しなどはなるべく避ける、食事全体を薄味にするなど、家庭で食事を工夫して減塩を実行することが大切です。

posted by メタボリック症候群 at 20:37 | TrackBack(1) | メタボリック症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と生活習慣病

メタボリック症候群が進行すると、さまざまな生活習慣病になる可能性が高まります。

メタボリック症候群が進行した病気の一つ、狭心症では血管の流れが悪くなることによって胸部に強い痛みが生じます。痛みの頻度や持続時間、強さが増して急性心筋梗塞に移行することもあります。

心筋梗塞は血栓によって血管が塞がれ、そこから先へ酸素や栄養が送られなくなり壊死するものです。中でも急性心筋梗塞では死亡率が高くなっています。

脳卒中は脳梗塞や脳出血を総称した病名ですが、動脈硬化によって脳の血管が詰まり、その先へ酸素や栄養が届かなくなり壊死してしまう病気です。

発作は突然起こる場合と少しずつ症状が現れる場合があります。メタボリック症候群の人は血栓ができやすい状態にあり、脳卒中を発症する危険性が高いと言えます。

メタボリック症候群の人が手足にしびれや痛みを感じたら閉塞性動脈硬化症の疑いがあります。動脈硬化の中でも特に下肢に血行障害が起こったものを閉塞性動脈硬化症といいます。症状が悪化すると足に潰瘍ができて壊死する場合もある恐ろしい病気です。

またメタボリック症候群によってインスリン抵抗性がおき、血糖値が高い状態が続くと腎機能が低下します。また血圧と腎機能が深く関わっていることから、メタボリック症候群では腎機能障害が起きやすくなります。

この他にもメタボリック症候群は脂肪肝や高尿酸血症、痛風、睡眠時無呼吸症候群などの生活習慣病と深く関わっています。生活習慣病の予防のためにもメタボリック症候群のうちに改善することが大切なのです。
posted by メタボリック症候群 at 20:34 | TrackBack(0) | メタボリック症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。